風営法(キャバクラ等の風俗営業許可)申請手続き専門のトミタ行政書士事務所です。埼玉・東京・千葉

営業エリアは東京、埼玉、神奈川、千葉全域。相談無料です!
風俗営業許可専門トミタ行政書士事務所 相談料、交通費無料!048-224-9017
 
■各種営業許可の詳細
スナック・キャバクラ等
パブ・ガールズバー等
雀荘・ゲームセンター
デリバリーヘルス
出会い系サイト事業
アダルトサイト事業
レストラン等の飲食店
移動販売車営業
リサイクルショップ
会社設立手続き
酒類販売業免許申請

風俗営業許可
風営法手続き専門

埼玉県行政書士会
川口支部所属
行政書士 富田篤史

■業務エリア
東京都、埼玉県全域
神奈川県、千葉県全域

トミタ行政書士事務所>デリヘル(デリバリーヘルス)開業の基本事項

無店舗型デリヘル営業

申請手数料 ※警察署へ収める手数料です。

警察署への届出手数料
3,400円

報酬額

81,000円
価格は全て税込です。

総合計

84,400円
デリヘル申請フロー

デリヘル営業物件情報

デリヘル問い合わせ先 性風俗特殊営業の問い合わせはこちらから

 
1、無店舗型デリヘル営業の開業手続きについての基本事項
  • 法律(風営法)に基づき「営業開始届出手続き」が必要となります。
  • 無店舗型デリヘル営業は、風俗営業と異なり「許可制」ではなく「届出制」となります。
  • 営業を始める際には、営業の本拠となる事務所を管轄する各都道府県の公安委員会に「営業開始届出書」を提出します。
  • 提出の窓口は、事務所の所在地を管轄する警察署の「生活安全課」となります。
  • 「営業開始届出書」は営業を開始しようとする日の10日前までに提出しなければなりません。
    (つまり、届出から10日後から営業を開始できます。)
2、手続きに必要な書類、図面等
3、事務所・待機所の物件確保
4、その他、禁止事項、変更手続きなど
 
▲ページ上部へ